スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車なんたら

今日も今日とて
終電近くの電車で帰っていた時のこと・・

座席の前に立って
本を読んでたら

どっかの駅でちょっと
酔っ払った風のオッサンが乗ってきた。

オッサンは
俺の隣にいた女の子の背後に立った。
まぁ、混んでいたので
仕方ないのかなと最初思ってたが

なんかこう
女の子にしなだれかかろうとしてるし

触るでもなく
かといって、よりかかることもなく
なんか痴漢と呼ぶには微妙だし
でも、女の子もすごい嫌そうな顔してるし・・

うーんどうしようと
思ってたところで
ちょうど女の子の前の席が空いて
運良く女の子はオッサンから逃げることができた。

・・と思ったら
オッサン何を考えたか
一人分くらい離れて座った女の子の前に
わざわざ移動し
ニタニタ笑いながら
(若干何か話しかけてた)
妙に体を女の子の方に近づけようとしてる。

うーん。
こらアカンな。

と思った俺は、とりあえず
オッサンに「こっちがいいんじゃないですか?」と言って
俺とオッサンの位置を
無理やり交代させた。
とりあえず、女の子からは遠ざかったので
一安心。

女の子も途中の駅で降りる時に
「ありがとうございました」と
お礼を言って降りていった。


・・・と、ここまでなら
ただのいい話で終わるのだが


そううまくはいかへんもんや・・・

現実ちうんは・・なんでこんなんなんやろな。



その女の子が降りたあたりで
ちょうどオッサンの前に
席が二つ空いた。

オッサンが「座ってもいい?悪いね」と
酔っ払い口調で言いながら
ドカッと席に座る。

その隣にポツンと空いた空間。

一応、女の子への絡み方を周りの人も見てたので
そのオッサンに近づかないようにしよーという
雰囲気が漂っていて
俺もそうしようとしてたのだが・・

ふと油断して
オッサンと目が合う俺

手招きするオッサン
横に座れというオッサン

うーん、無視しようかとも思ったが
わめかれても困るので
(混んでて他の車両には移動できなかった)

まぁいいやってことで
横に座る。

寝たふりしてやりすごそうとするも
オッサン、なんだかしらんが
俺がやたら気に入ったらしく。
メチャメチャ話しかけてくる。

家族構成とかわけのわからん話をして
免許証まで俺に見せてくるのだ。

「はぁ・・・」

こんなリアクションしか出来るか!ぼけぇ!

なんかそんなこんなで
ずーーーーーーっと
オッサンに話しかけられていたのだが
ふと気づくと周囲の人が
必死で笑いをこらえてた。
なんかみんなニヤニヤしてんの(笑)

こっぱずかしかーーーーーー!!

ちなみに
終点である池袋につくまでに
オッサンと何度握手を交わしたことか。
(強制)

いつも帰ってる路線なのに
池袋に着くまでが
今日はやたら遠く感じた・・・

そんな26歳の冬。

スポンサーサイト

朝、そばを食べた

昼、タンタン麺を食べた

夜、福岡でラーメンを食べた

隙のない完璧な食生活

昔、小学生のとき理科の時間に塩を使った実験をやった。

塩の融点(モノが溶け出す温度)はたしか800度ぐらいだっただろうか

理科の実験で
塩を熱して溶かす実験をやったのだ。

アルコールランプで
ひたすら熱して、「おー!溶けた溶けたー」と
小学生らしく騒いでいたのだが

実験終了後
溶けて液体になった塩が冷えて再び固体になった。

捨てるためにひょいと摘む俺・・

思えば迂闊だった。

塩が溶け出す温度は800度

ならば、塩が固まる温度も800度

理論上、799度なら既に固まってるわけだ。

あっつ!!!

死ぬほど熱いってこういうことを言うんだろう。

800度近くの塩を素手で触ったのだ。
根性焼きなんてもんじゃねえ!

熱い
熱いよ!!!

何の拷問だよ、コレ。


結局、手は水ぶくれ
そのくらいで済んでよかったのか
悪かったのか。
ほんとに熱かったなぁ・・

・・なんて思い出を
さっきお湯で火傷した時ふと思い出した。

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。